株式会社ペスコ 株式会社ペスコは、エネルギー及び科学技術に関する幅広いサービスを提供します。 株式会社ペスコ

※重要なお知らせ※

2021年6月からeラーニングでの講習のみの実施となります。
eラーニング講習では、申し込みいただいた期間内であれば、いつでも受講可能です。
原則として毎月2回(月の前半の約2週間、後半の約2週間)実施します。
申込締切は、講習初日の1週間前となりますので、早めのお申込みをお願いします。

受講のご案内

日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所にて放射線業務従事者として指定し、作業をする者は、電離放射線障害防止規則(電離則)第52条の6に基づき、事業者(雇用事業主)が特別教育を行わなければなりません。

当社のeラーニング特別教育講習では、電離則第52条の6に基づきカリキュラムが組まれており、雇用事業主に代わって貴社の従業員に特別教育を実施することが可能です。

各事業主が効率的に業務を遂行するために、当放射線業務従事者指定特別教育講習をご利用ください。

特別教育講習の項目は、以下の通りです。

  1. 核燃料物質若しくは使用済燃料又はこれらによって汚染された物に関する知識(1時間)
  2. 再処理施設、使用施設における作業の方法に関する知識(1.5時間)
  3. 再処理施設、使用施設に 係る設備の構造及び取扱いの方法に関する知識(1.5時間)
  4. 電離放射線の生体に与える影響(0.5時間)
  5. 関係法令(1時間)
  6. 再処理施設、使用施設における作業の方法及び同施設に係る設備の取扱い(2時間)

本講習についてのお問合せ先

株式会社ペスコ 放射線業務従事者指定特別教育講習係
Eメール:kyoiku@pesco.co.jp
※ 電話でのお問い合わせは受け付けておりません。お問い合わせはEメールにてお願いいたします。

よくあるご質問・お問合せ
※お問合せの前にご確認ください。

特別教育講習へ申し込む
(申込画面にて、受講時期、コースを選択して申し込めます。)


ページの先頭へ戻る

講習コースについて

No. コース名 教育内容 時間数 受講料*1)
(¥/人)
受講可能
人数
0 標準コース
(共通課程+施設別課程)
共通課程
(1.4.5)
再処理施設、
使用施設課程
(2.3.6)
7.5h ¥19,800 各回15名
1 施設別コース*2)
(既に共通課程を履修済の方)
再処理施設、
使用施設課程
(2.3.6)
5.0h ¥11,000 各回5名
*1) 受講料は消費税込みの金額です。
*2) 施設区分につきましては、施設区分表を参考にして下さい。

ページの先頭へ戻る

施設区分表

再処理施設 再処理廃止措置技術開発センター
受入、せん断工程等
分離精製工場
廃棄物処理場等
高放射性固体廃棄物貯蔵庫、第二高放射性固体廃棄物貯蔵施設
第一低放射性固体廃棄物貯蔵場、第二低放射性固体廃棄物貯蔵場
アスファルト固化体貯蔵施設、第二アスファルト固化体貯蔵施設
ウラン貯蔵所、第二ウラン貯蔵所、第三ウラン貯蔵所
分析所
プルトニウム転換技術開発施設
ガラス固化技術開発施設
クリプトン回収技術開発施設
低放射性濃縮廃液貯蔵施設
使用施設 プルトニウム燃料技術開発センター
プルトニウム燃料第一開発室
プルトニウム燃料第二開発室
プルトニウム燃料第三開発室

プルトニウム廃棄物処理開発施設

・プルトニウム廃棄物処理開発施設
・プルトニウム廃棄物貯蔵施設
・第二プルトニウム廃棄物貯蔵施設

環境技術開発センター
・A棟
・B棟
・応用試験棟
・高レベル放射性物質研究施設(CPF)
・J棟
・第2ウラン貯蔵庫
ウラン廃棄物廃棄施設

・ウラン廃棄物処理施設
・ウラン系廃棄物貯蔵施設
・第2ウラン系廃棄物貯蔵施設
・焼却施設
・廃油保管庫
・廃水処理室及び中央廃水処理場
・M棟
・L棟

ページの先頭へ戻る

特別教育講習へ申し込む
(申込画面にて、受講時期、コースを選択して申し込めます。)